引越しが決まると、いろいろ忙しい時期とも重なって、引越し料金は業者の指定する内容と金額で受け入れてしまうというケースもあるでしょう。

しかしながら、引越し料金については、いくつかのポイントから工夫をしてみることでだいぶ節約することができるようになります
そのひと
つのポイントが、荷造りです。

荷造り

荷造りのサービスは引っ越し業者が各社、いろいろなサービスを提供してくれています。


一番料金が高いのは
、おまかせパックのような名前のサービスで、梱包から荷物の開梱まですべてを業者がしてくれますので、その分料金は割高となります。


逆に考えてみますと、ご
自身の予定や予算に応じて、この業者がフルでしてくれるはずの作業のどこまでが自分でできるかを決定して契約をすればよいということになります。

例えば、転居前に時間があまりないけれど、転居後は荷ほどきを急がないとか、自分で何とかできそうということであれば、梱包のみを業者に依頼すれば、おまかせパックよりも節約できるということになります。

お時間等に少し余裕があり、自分で梱包をすることが苦ではないのであれば、梱包も開梱もすべて自分で行えば、かなり料金的には節約ができるようになります。

自分で梱包する際には、いくつか注意しておきたいことがあります。

引越しのためにもちろん保険はかけているのですが、壊れ物の梱包については自分で一工夫が必要です。

段ボールとプチプチだけの梱包だった場合には、作業の途中で破損してしまうこともあるかもしれません。


業者は決ま
った時間にたくさんの荷物を移動することとなりますので、自分が大切に運ぶような感じではどうしても運搬ができないのです。

ですから、そのような作業もきちんと念頭に置いて、こわれものについては自分自身でもより壊れにくい状況で扱ってもらえるようにしておく必要があるのです。

その工夫のひとつとして、段ボールを二重にする梱包方法があります。

これは場所をとることになりますので、すべての荷物に対して行うことは得策ではありませんが、万が一破損してしまった場合に取り返しのつかないものであるようでしたら、このような特殊な梱包も利用したいものです。

段ボールが二重になっているため衝撃をうまく吸収でき、破損リスクがぐっと下がります
また、どうしてもこれは壊れてしまっては困るというものがあれば、その品物については、自分自身でハンドキャリーするくらいの覚悟も時としては必要かもしれません。


http://xn--r8j3a9a1dtfo363axepcu6b5oza.com/